Home > 製品情報 > CRUSE[クルーズ]

CRUSE

クルーズ 3D フォトステーション

3D Photo Station

3dフォトスキャン 3d_story1

CRUSE 3D Photo Stationは、商品撮影を行う高品質カメラとしての機能と、3Dデータを取得する3Dスキャナの機能を併せ持つ、新しい概念を持つ3Dスキャナです。
完全に光源管理され、ターンテーブルを搭載したドーム型のワークエリアの上をカメラが走る機構により、完全な自由角度でのカラー写真及び3Dデータ用の被写体撮影を行うことができます。

3d_story2

スキャンデータ サンプル集

ターンテーブルと角度変更が出来るアームにより、対象物をあらゆる角度から撮影可能。ワークサイズは25cm立法を実現。角度を設定すれば後は全自動スキャンを実行する全自動型。

ドーム内はLEDライトで全天が光る仕様。部分的に光らせることで影をコントロールしながらの写真撮影が可能。3Dスキャン時は影が出る部分をなくし、ディテールまでを正確にスキャン。

スキャン後の3Dデータの生成や、2つのデータを合成しての表裏データの作成なども、付属のマージ専用ソフトで誰でも簡単に3Dデータの生成が可能。

3Dデータのサンプルを

3Dアニメーションのサンプルを

リアルスキャナのリーディングカンパニーであるCRUSE社ならではの技術で、
高品質なカラー情報付き3Dモデルが作成できます。

3dフォト撮影
3dフォトドーム 3dフォトドーム2

フォトスタジオを再現したかのような撮影環境を実現

環境光の影響をなくし、ドーム全体がLEDで光るライティングは、まさにフォトスタジオのような撮影環境を再現。ライトの当て方も変更可能で、影の入り方をコントロールすることが可能です。

3dアーム

全天アームとターンテーブルによる角度制御

稼動アームとターンテーブルにより、撮影角度を商品を触ること無く変更可能。360°をフルカバーする撮影環境を実現しています。

ningyo

CRUSEならではの独自技術で3Dスキャン

プロジェクタからストライプを投影し、形状を捉えて3D化を行います。カラー写真も同時に撮影し、一度実行ボタンを押せば後は自動で撮影を行います。

addcolor

カラー情報付き3Dモデルの出力

スキャンデータからの3Dモデル生成は、付属の専用ソフトを使用して完全自動で行われます。3DデータはSTLやPYLなどの点群データとして出力され、3Dプリンタなどにも活用可能です。

2data

2つのデータのマージも簡単に実行

底面の形状を取得したい時も、付属のマージソフトを使えば、2つの3Dデータを簡単に合成することができます。マージ後のデータもSTL、PYLフォーマットでカラー情報も保持したまま再出力されます。


3D Photo Station 主な特徴

  • カラー写真、3Dモデルの両方をスキャンできるオールインワンモデル
  • 簡単な操作性を実現。角度をセットすれば後は全自動でスキャンを実行。
  • 2D・3D両方のカラー情報は、ICCプロファイルによるカラーマネジメント対応。
  • 2Dイメージ入力解像度は220ppi換算でA3までの高品質印刷に対応。
  • プレミアムLEDライトシステムによる2D・3D両方における最高の再現性を実現。
  • 様々な対象物の特性に合わせたライトプリセット機能。
  • 専用の3Dデータ生成・マージ用ソフトウェアが標準付属。

3D Photo Station 機械仕様

最大ワークサイズ 25cm × 25cm × 25cm
最大重量 約25kg
ライティング LED(5000K)
プロジェクタ DLP解像度 912 × 1140px
ファイル形式 .stl .ply .obj .tif
インターフェース イーサネット
電力 AC220〜240V
機械寸法 150cm × 200cm

PCハードウェア用件

OS Windows7/8/8.1/10(64Bit)
ソフトウェア .NET Framework 4.0
メモリ 8GB以上
CPU Intel i7 推奨
HDD 100GB以上の空き容量
GPU CUDA 3.0 互換

NSK