Home > 製品情報 > 高速ブランクス検査装置 NIT-200

NIT-200

両面同時検査が可能な小型印刷物専用ブランクス検査機 NIT-200




最大4つのカメラを搭載して両面の検査を同時に





NIT-200はカード・ラベルなどの比較的小型な印刷物の検査を目的として製造されたブランクス対応表面検査装置です。

検査装置としてはコンパクトな機械サイズで、最高150m/分の速度で検査を行うことができます。

検査ジョブの切り替えも容易で、数分で段取り交換することが可能です。

最大の特長はカスタマイズにより表面・裏面両方の検査を最大4台のカメラを使って行うことができる点で、裏表に各1台、表2台裏1台、両面各2台といったように、検査カメラの台数構成を用途に合わせてカメラを選択することが可能です。

複数のカメラによる検査により、汚れ・印刷不良はもちろん、ラミネートの傷や、ニス・エンボスのズレ、ホログラムの不良などの検査が両面行うことができます。



NIT- 200 小型高速ブランクス検査装置

複数のカメラを組合わせた検知

裏表2台、最大4台のカメラ(オプション)を組み合わせることで、ラミネート等の反射率の高いもの、エンボス用など対象物によって検知方法を変え、精度の高いエラー検出を可能にしています。

主な特長

  • 最大測定範囲 : 200mm × 300mm。
  • 表面、裏面に2台づつ、最大4台のカメラをオプション設置して両面検査が可能。
  • 裏面にカメラを2台設置することにより、表面と同等の検査能力を実現。
  • 同時モニタリングにより不良判定を受けた製品の画面上でのプレイバック、オンタイムでのチェックを可能に。

 

NIT- 200 スペック 小型高速ブランクス検査装置

カメラ構成 : (表×1・裏×1) or (表×2・裏×1) or (表×2・裏×2)
機械サイズ(LWH) : 3650×1000×1490(mm)
設置必要サイズ : 3650×2000×1800(mm)
機械重量
: 2000kg
検出幅 : 200mm
検出精度 1. 印刷不良点最小検出範囲:≥ 0.15 mm²
2. 箔押し不良点最小検出範囲:≥ 0.2mm²
3. 印刷版ズレ 検査:≥ 0.2mm
4. 打ち抜きズレ検査:≥ 0.2mm
5. グラビア ストリップ:
    等級40以上幅:流れ方向0.1mm、幅方向0.2mm
    長さ15mm以上 コンストラクト40以上
6. 色差:ΔE≥3ΔELab
最大速度
: 150m/min
最大シート幅
: 200×300(mm)
: 200×120(mm) ※4台カメラ使用時
最小シートサイズ
: 40×70(mm)
適応紙厚 : 150〜350g/m²相当〜 
画像解像度 表面画像解像度
 : 垂直工程:0.054mm×0.075mm
 : 斜光工程:0.107mm×0.15mm
裏面画像解像度
 : 垂直工程:0.054mm×0.075mm
 : 斜光工程:0.107mm×0.15mm

 

NSK