Home > 製品情報 > 全自動高速コンバーティングマシン ZERO

ZERO

全自動高速コンバーティングマシン

20年を超える開発ノウハウと経験が生み出した
新開発のデジタル・コンバーティング・マシン ZERO (特許出願中)

パッケージやディスプレイ図面の大半はX・Y方向へのカット線・罫線が多く含まれており一つの製作物の約80%以上はこのXかY方向への加工となります。ZEROはこれに着目しX方向のみ加工するユニットとY方向のみ加工するユニットを別に設け、圧倒的な加工時間短縮を実現するコンバーティングマシンです。

図面の約80%を占めるX・Y方向の加工を瞬時に行い、残りの約20%の斜め線・円弧等を仕上げのヘッドで加工します。またトリプルテーブルシステムにより同時に複数工程の作業を行う事ができ、更に生産スピードを向上させます。



ZEROの特長 デジタルコンバーティングマシン

トリプルテーブルシステム

トリプルテーブルシステムにより、マルチタスクな処理が可能です。1枚づつ加工を行うのではなく、1工程毎に次の資材を自動セット。止まること無く連続稼動をし、徹底した効率化と高生産を実現します。

特別なX・Y軸別加工システム

これまでの概念を変える全く新しい効率的な加工手法です。
X軸・Y軸を一度に加工することでサンプルカッターのように1つ1つの線を処理する必要がなくなりました。
これにより加工スピードを大きく飛躍させます。


タブレットで簡単操作

これまでのように機械を稼働させるのに特別なシステムは必要ありません。これだけの全自動機をタブレットで直感的に誰でも操作することができます。

人は資材を置くだけ

全自動のコンバーティングマシンですので、人は資材をセットするだけ。あとは給紙から排紙まで全てを機械が自動で行います。


効率的な図面とは

XY方向が多く含まれている折箱やサック箱、ディスプレイ等は特に高い加工速度を誇ります。
機械性能を最大限生かす最も効率的な設計です。

主な加工資材



drupa展示機 プロトタイプスペック

ZEROは受注生産機となるため、ご要望に合わせたスペックでの生産が可能です。
下記は展示会に出展した展示機の参考スペックとなります。

最大ワークサイズ
:  800 × 1000 mm ※受注生産の為、要望サイズ可能
最大シートサイズ
: 1000 × 1200 mm ※受注生産の為、要望サイズ可能
機械本体サイズ
: H2000×W8400×D3250 mm
最大積載重量
: 50kg
使用電源
: 三相 AC400V ・ 20kW
使用環境 : 温度20℃±10℃  湿度50%〜70% (結露しない事)

ZEROは受注生産機のため、ワーク・テーブルサイズ等ご希望のサイズで製造可能です。ツール数、テーブル数もご希望の生産スピードにより変更することができます。また、へビューデューティーモデルとして積載重量の変更も可能です。 加工ツールも各種取り揃え、罫線ツール・ダブル罫線ツールなど用途によりご用意可能です。
ご使用シーン、資材により様々なカスタマイズが可能ですのでご要望をお知らせください。

 

NSK