Home > 業界別デジタルフロー > 印刷紙器(パッケージ)業界

solition

抜木型生産ソリューション

ノウハウをデジタル化し、高い製造品質を安定して提供


抜木型では現在現役の職人が高齢になってきたことに伴い、新たな若い人材へ技術を継承させようとする取り組みが積極的に行われようとしています。しかし職人の技術は長年の経験によって培われてきたものであり、伝えるのに時間が掛かる、もしくは完全に継承しきれないといった問題があります。

NSKでは長年抜型業界で培ってきたノウハウをデジタル化し、各種ハードに導入することに成功しました。これまで職人の経験と技術によって作成されてきた面板・抜き型・木型刃などはすべて機械による製造が可能になり、基本的な知識さえあれば誰でもこれらの製造が短時間で行えるようになりました。また、各設定を数値化することによって製造品質の高いレベルでの安定化にも貢献しています。

抜木型業界向けの生産工程詳細は以下をクリックしてください。



ユーザ事例 / 抜木型メーカー

NSKソリューションを導入いただいたユーザ様のご紹介。

F&A株式会社
F&A株式会社大幅な作業時間削減に成功し受注増加を可能にしたデジタル生産フロー

ほぼ全ての工程をデジタル化したF&Aでは1つのCAD図面を製作工程のスタートとし、デジタル制御ならではの短納期・高精度を可能にした。

株式会社アルク
株式会社アルク面板作成の為の一連のシステムを導入し、短納期、高品質化を実現。

ウォータージェットによる金属、樹脂、特殊素材などの切断加工とレーザー加工による紙器抜型の切刃の溝加工、面板作成をメインにとして活躍。

NSK