Home > 業界別デジタルフロー > サイン業界ソリューション

solition

サイン業界向けソリューション

企画提案、小ロット短納期で他社と差をつける


近年大判対応のインクジェット印刷機の低価格化により、ほとんどの会社が何かしらの印刷機を持つ時代になりました。

しかし逆を言えば印刷機を持つだけでは他社との差別化を図ることができなくなったということになります。印刷で差がつかないならその他のカット、提案、小ロット短納期での分野での差別化が必要となってきます。

NSKでは印刷だけでなく、企画提案・カット加工全ての工程においての最適なソリューションを提案いたします。

サイン業界向け生産工程詳細は以下をクリックしてください。




サイン業界向け カット工程ソリューション


大きな動画でみる

Kongsberg i-XLシリーズは様々な資材のカット加工が可能な強力カッティングマシンXLシリーズに、トンボ追跡カメラ、オートシードフィーダ(自動給排紙装置)を要し自動生産も可能にした高性能カッティングマシンです。


サイン業界で使用される硬質な資材から、板紙などの薄物まで幅広く対応しています。店頭POPから、看板資材までこの1台で幅広くカバーできるため業務の幅を広げます。

大判ポスターなど生産時に活躍する、フィニッシングカッターマシン FOTOBA[フォトバ]

FOTOBA(フォトバ)シリーズはポスター制作などの際に従来手作業で行っていた”カット工程”を自動化する画期的なソリューションです。

特に小ロット〜中ロットで効果を発揮し、圧倒的な生産力で他社に差をつけることができます。

 ロール資材・フラット資材に対応しており、ロール資材は最大3300mmまで対応しています。X軸(資材横方向)とY軸(資材縦方向)のカッティングが同時に行こなわれ、一度資材がFOTOBAを通れば全辺のカットが終了します。

もっと詳しく・・・

NSK